いきなり禁煙するとニコチン切れの症状として、イライラしたりと落ち着かなくなります。何か代替になるものが欲しくなり、ガムや飴を使用することも少なくありません。電子タバコもその一つです。昨今は電子タバコも進化して、リキッドを加熱して煙のようにした水蒸気を吸うタイプの製品が販売されています。火を使いませんので、副流煙も出ませんので、周囲に迷惑をかけないというメリットがあります。ニコチン入りではありませんが、様々な味や香りを試すことができますので飽きません。ただし、ヘビースモーカーの方が、電子タバコを試した場合、物足りなさを感じる場合もあるようです。海外製品には、ニコチン入りの製品もありますので、個人輸入することで入手することは可能ではありますが、本格的な禁煙を志す方にはお勧めしません。ニコチンなし製品を利用することで完全禁煙を目指すことをお勧めします。

電子タバコとその効能

わたしの周りでタバコ吸う人は、完全に、タバコをやめたり禁煙をする気が全くないという人が多いです。その理由を聞いたことがあるのですが、自分の身体、自分の人生だから、自分のしたいようにする、というものでした。例えば兄は1日に半箱は吸うヘビースモーカーの部類に入ります。自分の好きなタバコの銘柄はずっと変わっていませんし、禁煙の「き」の字も兄の口から出たことはありません。そんな兄のような人物に是非吸ってもらいたいのが、電子タバコです。インターネットで調べたのですが、まず電子タバコのいいところは、副流煙を出さないことです。副流煙は、喫煙者と一緒に生活する非喫煙者にとっては、身体に有害ですし、迷惑な物質以外も何者でもありません。また、タバコを燃焼することで発生するタールや一酸化炭素も発生しません。喫煙者にとっても非喫煙者にとってもメリットがあり、どちらも快適に過ごせるための道具が、まさに電子タバコなのではないでしょうか。

電子タバコを利用するメリット

電子タバコは禁煙を促す活動が強さを増す中で開発された禁煙アイテムです。タバコに似た吸引器を口にくわえてそして、液体を熱線などによって熱して水蒸気を起こします。蒸発させた微粒子を吸い込むことでタバコを吸引しいることの代わりとします。電子タバコの利点として、ライターもしくはマッチといった発火物を活用することは要されず、吸い込むときも物質を燃やすということにはなりませんので、有害である一酸化炭素が出て来ないことがアピールポイントになります。そして、副流煙といった非喫煙者に対しての受動喫煙の回避にもなり、自分のみではなく周りの人にも意識を向けられています。全体的な費用につきましては常日頃のタバコの量が非常に関わりを持ってくるので、一口では言えませんが長い間の使用を考えに入れるのであれば初期にかかる費用などを考えて電子タバコのほうが費用的に良いといえます。