わかりやすくアツギプレスの特徴を紹介

アツギプレスとは、自動車の総合システムメーカーが開発した小型の卓上プレス機のことを言います。この会社では、他にも自動車のモノづくり技術を活かし、地震対策のためのオイルダンパーを建物や鉄道向けにも製品化しています。また、正確性が求められる計測器などの製品もあります。日頃過ごしている中では、あまり馴染みがありませんが、先ほど述べた製品の他にも、配管に使われるバルブなどの製品も作られており、私達が知らないところで、快適に生活していく上での支えを担っています。このような高い技術力によって生み出されている様々な製品の中にアツギプレスがあります。そんなアツギプレスはどのようにして使われているのか、なかなか普段の生活では聞く機会のないアツギプレスの特徴などを分かりやすく紹介します。

アツギプレスとはどういうものなのか

まずプレス機についてですが、プレス機は金属など金型を使って加工する時に使用される機械のことを言います。その中のひとつ、アツギプレスは、自動車産業や精密機械の組立などには欠かせないプレス機として、多くのメーカーで採用されています。また、用途によっていくつか種類もあります。そんなアツギプレスは、小型卓上プレス機の歴史を作り出してきているのです。現代の自動車製造においては、品質だけでなく、その場の環境やコスト面の問題も含めて高度な生産技術が求められています。これらのニーズに応えるべく、アツギプレスの製品も技術を磨いてきています。主に管理機能として、荷重のデジタル表示により、工程管理に最適で、高品質の工程を設計することも可能にしています。他にも特徴がいくつかあります。

アツギプレスの特徴や魅力について

プレス機は昔からトラブルが起きやすい機械として危険視されてきました。その対策として、アツギプレスには、プレス作業における安全性を確保するための光電式の安全装置も備わっています。それから作業速度も段階的に指定することができるようになっています。そして、アツギプレスは、アツギ油圧プレスということで、油圧式による作業になります。したがって機械内部には、冷却するためのオイルクーラーもあります。また、実際の作業を想定して、座っての作業なのか、それとも立ったままの作業か、それぞれに合わせた架台なども別にあるので、相談することができます。こうした高い技術力や作業者の立場に立った工夫により、アツギプレスは、多くのメーカーで使用されています。私達の生活が快適に過ごせるのもこういった技術力の進歩のおかげなのです。