アツギプレスはどこで使用されるのか

アツギプレスはAPプレスとも呼ばれ、小型卓上プレスの歴史を作ってきた商品でもあります。ある自動車総合メーカーが厳しい要求を満たすために開発、作られた商品です。正式にはアツギ油圧プレスという名称です。大きさは種類によって様々ですが、高さ1m、幅50センチ、奥行き80㎝前後の物が多く、大きなものは高さ2メートルほどになります。プレス機はその名の通り、押しつぶして形を作っていくものですが、切断や、絞り、潰すなどの動作を行うこともできます。金属などを圧力によって潰していき形を作っていくもので、特に自動車産業では板金機械として使われています。板金といえば大きなものを想像しますが、細かな部品も多くあるので、アツギプレスのような小型の商品も必要となってきます。大は小を兼ねるとは言いますが、細やかな作業には適さないのです。

アツギプレスは何に使う物なのか

この手の物に多くあるのはトラブルです。うっかり手を挟めば大事にしかならないものです。鉄を曲げる圧力をかけてくるわけですので、使う時は慎重に行う必要があります。のこぎりを首に置く馬鹿はいない理屈と同じです。カシメの工程や圧入の工程につかわれます。またマークなどのスタンプに使えるプレスもあるようですが、アツギプレスには向かない使用方法です。家庭で購入できる卓上プレス機の中には安全性を優先している物が多く、自動車用品のようなしっかりしたものを加工できるほどの能力は無いものもあります。ただもちろん金属の板を曲げることができる力をもつプレス機も販売されていますので、趣味でお持ちの方もいます。アツギプレスは一般には販売されておらず、金額も公表されていないことが多いです。

アツギプレスは安心安全に使えるのか

アツギプレスは圧入、カシメの工程に使用されますが、自動車や精密機械を作る工程に広く使われています。加圧力は簡単な操作で設定ができ、大き目の加工物には、コラムとベースを分離した構造を活かしオープンは糸の変更で対応することができます。また下降速度、上層速度の変更もできるので、作業の効率化、高層化も可能です。また電装を除いた、仕様の油圧プレスも販売されています。電動では無いので自分のペースに合わせて使うことができるという点もあります。加圧力も1tから10tまであるので、幅広い金属の加工が可能です。金属加工をする道具に危険を伴わないものはほとんどありませんので、仕様だけでなく、使い方や安全性も高い商品を選ぶことで、よりトラブルを減らすことができるようになりますので、ぜひ検討をしてほしいです。